ブログデザイン編集中のため、記事がおかしいかもです!

【XHB】踊り子_Lv.80_クロスホットバーおすすめ配置【FF14_漆黒5.0_PS4_パッド】

踊り子のレベル上げをはじめたので、クロスホットバーを考えてみました。まだレベル上げ中なので実際に使ってみて変わるかもしれませんが、たぶんこのままかもです。踊り子はアクション数が少ないのですっきり収まり、なんだか説明が少ないです(笑)

踊り子の関連記事
XHBヒント XHB配置 マクロ
その他ジョブのおすすめXHB配置

操作方法

私は全ジョブ共通で以下の操作方法でプレイしています。
※ジョブによっては使用しない場合もあります。
※踊り子はXHBセット2を使用しません。

「XHBセット1」と「XHBセット2」を「R1」で切替え
セット1とセット2で大幅に変えて使用するというよりは、ある部分だけアクションを置き換えるような使い方をしています。
「XHBセット3」を同時押しで使用
R2→L2、L2→R2の押し換えで別のアクションを配置できるようにしていますが、ほとんどのジョブはどちらから押しても同じ配置にしています。
「XHBセット4」をWXHBとして使用
ボタン側だけでなく方向キー側も使用しています。


詳しい設定方法はこちらの記事で紹介しています。
クロスホットバーおすすめ設定【FF14_PS4_パッド_初心者】クロスホットバーおすすめ設定【FF14_PS4_パッド_初心者】

TOPに戻る

踊り子のXHB配置の考え方

踊り子はウェポンスキルの単体・範囲コンボとその派生コンボ、扇の舞い系はすべてボタン側にしています。
あとは方向キーでも問題ないかなって感じです。

コンボ 派生
単体
範囲

スタンダードステップもリキャストが早いので、できればボタン側に入れたいところ。私は今のところ方向キーに入れています。

スタンダードステップ リキャスト:30秒

TOPに戻る

クロスホットバー全体とその周り

TOPに戻る

クロスホットバーセット1

※アクション名の前に「M」がついているものはマクロを使用しています。クリックするとマクロ内容が見れます。

ボタン側
カスケード ファウンテン
ファウンテンフォール リバーカスケード

ここには単体コンボとその派生アクションを配置しています。ここの4つがダンスシンボルに変わるので、ダンスモード中も押しやすいです。


方向キー側
剣の舞い 守りのサンバ
インプロビゼーション 癒やしのワルツ

「剣の舞い」以外はパーティメンバー支援系アクションでまとめています。


ボタン側
ウィンドミル ブレードシャワー
ブラッドシャワー ライジングウィンドミル

ここには範囲攻撃のコンボとその派生アクションを入れています。


方向キー側
攻めのタンゴ フラリッシュ
スタンダードステップ テクニカルステップ

ここにはステップと自分用バフ系を入れました。できれば「スタンダードステップ」はボタン側に入れたかったのですが、入れる場所がなくここに配置。また変えるかもしれません。

TOPに戻る

クロスホットバーセット3(同時押し)

※アクション名の前に「M」がついているものはマクロを使用しています。クリックするとマクロ内容が見れます。

ボタン側
アン・アヴァン 扇の舞い【序】
扇の舞い【破】 扇の舞い【急】

ここには扇アクションとアン・アヴァンを配置して、移動しながら使いやすいようにしています。


方向キー側
アームズレングス 内丹
剣の舞い ヘッドグレイズ

ここには使うことのあるロールアクションと「剣の舞い」を入れています。「剣の舞い」は違う場所にも入れていますがここにも入れてどちらが使いやすいか試そうかなと思ってます。


※L側はどちらの順番で押しても同じ表示にしたいので、R側と同じアクションを配置しています。

TOPに戻る

クロスホットバーセット4(WXHB)

※アクション名の前に「M」がついているものはマクロを使用しています。クリックするとマクロ内容が見れます。

ボタン側
クローズドポジション スプリント
プロトン リミットブレイク

ここには使用頻度が低いクローズドポジションを配置。スプリントは大体どこのジョブもここに配置しています。リミットブレイクは誤爆が怖いのでHBの「0」に入れていましたが割と使いづらいので、試しにここに入れてみました。


ボタン側
空欄 レッググレイズ
空欄 フットグレイズ

あまり使わないロールアクションを一応配置している感じです。

TOPに戻る

Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です