ブログデザイン編集中のため、記事がおかしいかもです!

【XHB】白魔道士_クロスホットバー_配置ヒント【FF14_PS4_パッド】

【XHB】白魔道士_クロスホットバー_配置ヒント【FF14_PS4_パッド】

白魔道士のクロスホットバーにアクションを配置する際に、なるべく悩まずベストな位置に配置出来るよう魔法とアビリティの分類、リキャストタイムのソートをしてみました。アクションの詳細内容は書いてないので公式のジョブガイドを参照してください。

① 魔法とアビリティを分ける

ロールアクションも含めて魔法とアビリティを分類してみました。それぞれなんとなく似たアクションを分類しています。

魔法 アビリティ
単体回復系


範囲回復系


攻撃魔法


その他
単体回復アビリティ

範囲回復アビリティ

バリア系

その他

ロールアクション

TOPに戻る

② アビリティのリキャストタイムをソート

アビリティのリキャストタイムを早い順にソートしました。「リキャストタイムが短い=使用頻度が高い」可能性が高いので、順に使いやすい場所に配置していくといいかなと思います。アクション内容によってはこの限りではありません。

アクション名(簡易説明) リキャスト
アクアオーラ(バイント) 30秒
ディヴァインベニゾン(単体バリア) 30秒
アサイズ(全体回復+範囲攻撃+MP回復) 45秒
テトラグラマトン(単体回復) 60秒
インドゥルゲンティア(効果中+回復) 60秒
迅速魔(次の魔法無詠唱) 60秒
ルーシッドドリーム(MP回復) 60秒
アサイラム(設置系範囲継続回復) 90秒
シンエアー(MP消費なし) 120秒
テンパランス(全体バリア+回復量上昇) 120秒
堅実魔(ノックバック無効) 120秒
救出(PTメンバーを自分に引き寄せ) 120秒
神速魔(キャストタイム・リキャストタイム短縮) 150秒

TOPに戻る

③ 白魔道士のアクション配置のヒント

即時回復アビリティはボタン側推奨
「テトラグラマトン」「ベネディクション」「アサイズ」は即時回復系のアクションなので、すぐ使用できるような場所に配置するのがおすすめです。緊急時に押しやすい場所にあるとすぐ押せるので。

インスタント魔法もボタン側がおすすめ
詠唱なしのインスタント魔法「ハート・オブ・ソラス」「ハート・オブ・ミゼリ」もボタン側がおすすめです。詠唱がないので移動しながら使用出来るので。

魔法はキャストタイムがあるので方向キー側
魔法詠唱中はキャストタイムが終わるまで動けないので方向キー側に入れ、アビリティはボタン側に入れる。私は専ら魔法はボタン側でやってきたので今更変えられずです(笑)

TOPに戻る

Copyright (C) 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です