ブログデザイン編集中のため、記事がおかしいかもです!

【FF14】知っておきたいクロスホットバー設定のあれこれを解説【初心者】

クロスホットバーの設定が上手くいかなかったり、どういう仕組みなのかわからないこともあるかと思います。クロスホットバーの基本を理解することで設定に手こずるのを避けられます。この記事ではクロスホットバーの知っておきたい知識から設定方法などを紹介します。
この記事でわかること
  • クロスホットバーの大体の仕組みがわかる
  • クロスホットバーを使いやすくする設定がわかる

クロスホットバーとは


クロスホットバー(XHB)はFF14のゲームパッド操作モードで使用するUIで、アクションを配置して使用します。パッド(コントローラー)で操作する人にとって、このクロスホットバーをいかに使いやすく設定するか、どうアクション配置をするかがゲームをプレイするうえで重要になってきます。

このブログではジョブ別のおすすめXHBやXHB配置のヒントなどを発信しているので、よければそちらも参考にしてみてください。
ホットバー・クロスホットバーまとめページ
※全ジョブ網羅できておりません( ノД`)シクシク…

クロスホットバーの数

クロスホットバーは全部で8パレットあります。
クロスホットバー の1つの枠をスロットと言います。

これが8個分あります

クロスホットバーの切り替え方法

【R1】を押し続けると下記画像のようなセット番号が表示されます。【R1】を押しながら変更したいセット番号のボタンを押します。
※私はPCなのでボタン表記がPC版になっています。

ただ、これだとバトルで使うのには不便なので簡単に切り替える設定があります。
切り替えの設定を下で紹介します。

使いやすい切り替えの設定

バトルで使いやすいように【R1】でクロスホットバーの「セット1」と「セット2」を切り替える設定をします。

【R1】を押すと「セット1」と「セット2」が交互に切り替わります。

設定方法

STEP.1
キャラクターコンフィグを開く
PS4コントローラーの場合は「option」ボタンを押して「メインコマンド」を開きます。[システムメニュー]→[キャラクターコンフィグ]を選択。
STEP.2
設定

  1. 左下の「クロスホットバー設定」のマークを選択
  2. 上部タブの「XHBカスタム」を選択
  3. 「セット選択のカスタム設定」で「抜刀時のセット選択カスタマイズを有効する」にチェックをいれ、「ホットバー1」「ホットバー2」にチェックを入れます。
  4. 「適用」を押して設定完了です。

このR1で切り替えるクロスホットバーは1〜8までいくつでもできますが、3つ以上設定しても使いにくくメリットがないので、「セット1」と「セット2」の2つにしておくのがよいです。

また、この設定は「抜刀したとき」に切り替えることができます。「納刀しているとき」は切り替わらないので、もし納刀時も同じように切り替えたい場合は「納刀時のセット選択カスタマイズを有効する」にチェックを入れ「ホットバー1」「ホットバー2」にチェックを入れましょう。

補足また納刀時と抜刀時で違うクロスホットバーの切り替えを設定することで便利に使うこともできます。

たとえば…

抜刀時は「戦闘用」
→アクションを配置したXHB(XHB1とXHB2)
抜刀時は「非戦闘用」
→エモートやマウント騎乗・デジョンなどを配置したXHB(XHB7とXHB8)

など




クロスホットバーの共有について

クロスホットバーは1~8までを共有にするかどうかを設定することができます。共有にした場合、どのジョブやクラスになっても同じ配置したアクションが表示されます。

なので、戦闘で使うクロスホットバーはすべて共有から外しておきます。共有になっていると、共有時に配置した別のジョブの配置が表示されてしまいます。せっかくアクションを配置したのにジョブチェンジして消えてしまった、ということがないように、戦闘で使うクロスホットバーを共有にしていないか確認しましょう。

クロスホットバーの切り替え表示で「共有」になっているXHBは「7」「8」のように白背景に抜き文字で表示されます。

[キャラクターコンフィグ]→[クロスホットバー設定]→[共有]タブで設定が可能です。

私はクロスホットバーセット1からセット6までを戦闘で使用するため、共有にしているのはセット7とセット8です。このセット7とセット8にはデジョンやテレポ、コンテンツファインダーやマウント騎乗、エモートなど非戦闘時に使うものを配置しています。

同時押しの拡張機能

クロスホットバーにはの同時押しで好きなセット番号のクロスホットバーを呼び出すことができます。

【R1】でクロスホットバーの「セット1」と「セット2」が切り替えできたとしてもあまり使いやすくはないため、この同時押し機能があります。戦闘時はクロスホットバー「セット1」と同時押しのクロスホットバーを優先にアクションを配置すると使いやすくなります。

呼び出せるのはクロスホットバーの全体ではなく右か左のみになります。

こんな感じでR2とL2の押す順番でクロスホットバーの右側を呼び出すか左側を呼び出すか設定で決めます。
の順番で押す の順番で押す
セット3左側を呼び出し セット3右側を呼び出し
アクション配置するときはこんな感じ(これはセット3)に配置しています。

設定方法

  1. 「キャラクターコンフィグ」→「クロスホットバー設定」→「XHBカスタム」タブを選択し、「同時押しの拡張操作を有効にする」にチェックを入れます。
  2. 表示セットに呼び出したいクロスホットバーのセット番号+左か右かを選びます。

ただ、押分けて使うのは結構難しいので、のどちらから押しても同じアクションが呼び出せるようにした方が使いやすいかなと思います。その場合は「表示セット」を「同じセット番号と方向(右または左)」をそろえて設定すればOKです。ただ呼び出せるアクションの数は減ります。

ダブルクロスホットバー について

ダブルクロスホットバーも同時押しと同じく拡張機能です。パッド操作をより快適にするために途中から追加された機能です。

またはを2回を押すことで起動します。

ピンク枠で囲ってあるのがダブルクロスホットバーです。

このダブルクロスホットバー も1〜8のうちのどれを使うかを設定します。設定した番号のクロスホットバー にアクションを配置していきます。
表示されたクロスホットバー のスロットには直接配置できないので注意してください。

設定方法

  1. 「キャラクターコンフィグ」→「クロスホットバー設定」→「XHBカスタム」を開きます。
  2. 「WXHBを有効にする」にチェックを入れます。
  3. 「4ボタンのみ有効」にするか「方向キーと4ボタンを有効」にするかお好みで選択します。
  4. WXHBで使いたいクロスホットバーのセット番号を選択します。

配置するときは指定したクロスホットバーのセット番号に配置します。XHBセット1の上に表示されているところには配置できません。

推奨:XHBに自動的に復帰する設定

通常、ダブルクロスホットバーをR2×2回押しなので起動してアクションを使用した後、R2が押しっぱなしだとダブルクロスホットバーが起動したままになります。なので、たまに通常のクロスホットバーに復帰したと思って誤爆しちゃうことがあります。そういう時はダブルクロスホットバーを起動してアクションを使用すると通常のクロスホットバーに自動的に復帰する設定をおすすめします。

自動復帰の設定方法

  1. 「キャラクターコンフィグ」を開き「クロスホットバー設定」→上部タブの「XHB基本」を選択します。
  2. ダブルクロスホットバー表示設定の「WXHBの入力を行うと自動的にXHBへ復帰する」にチェックを入れます。

補足ここの設定ではR2やL2の「WXHBの入力受付時間」を早くしたり遅くしたりすることもできます。あまり短すぎても自分の入力が遅くて起動しなかったりするので、自分にあった速度の入力受付時間を見つけて設定しましょう。私はデフォルトのままが使いやすかったです。

XHBのヘルプ表示が邪魔な場合の設定

デフォルトで表示されるこのヘルプ表示、邪魔に感じたことはありませんか?(笑)

ダブルクロスホットバーなどを設定しているとかぶってしまって見づらくなってしまうんですよね。でもこのヘルプ表示は非表示にできるので、そのジョブのアクションに慣れてきたら非表示にしちゃってもいいかなと思います。

非表示にする設定

  1. 「キャラクターコンフィグ」を開き「クロスホットバー設定」→上部タブ「XHB基本」を選択します。
  2. 基本設定の「クロスホットバーのヘルプを表示する」のチェックを外し適用を押して完了です。

まとめ

まだ細かい設定などありますが、この記事で書いた仕様や設定方法がわかれば大丈夫かなあと思います。この記事の内容と若干かぶりますがクロスホットバーおすすめ設定という記事もあるので見てみてください。

それでは快適なエオルゼアライフを♪